2015年01月22日

15年ディズニーリゾート(2)ランドグリーティング


開園15分前に入場できるので2人は早くからランドに出かけたが・・・

私はゆっくり起きて新聞読んでから

入浴剤を入れて温泉気分~

コーヒー飲んでからゆっくり出かける

昨日も混み込みだったが~土曜日のせいか凄い人の波~

2015_0117マイフォート0077

ランドの入りすぐの

エントランスに

アナとエルサの

デコレーションが登場

凄い人 横からパチ



2015_0117マイフォート0079

上手く取れなかった










2015_0117マイフォート0082

10時50分のパレードに間に合うように


『フローズンファンタジー・グリーティング』

13日から始まったばかり

これが観たかった



2015_0117マイフォート0083


エルサの魔法で雪が降る中

アナとエルサと雪だるまの

オラフも登場

今 人気のオラフ



2015_0117マイフォート0084






エルサが写せない





2015_0117マイフォート0085

アナ

とてもキレイ~~








2015_0117マイフォート0086

うしろすがた











2015_0117マイフォート0087












2015_0117マイフォート0088
1番最後に

キャストが

バリケードのように

隙間なく並んで

ゲストが前に来ないように

ガードして行進していた

2015_0117マイフォート0089
事故が無いように~と

万全の体制です~

ディズニーリゾートは

安全なパーク

安心して遊べるところ




2015_0117マイフォート0090
開演までの間に

骨付きソーセージと

春巻きと

私はホットウーロンを~

ナビ孫が熟知してるので

走って買ってきた  ふふふ~

野外で食べるのは美味しい~~

出来ないことが出来る

2015_0117マイフォート0091

ショーウインドウにも

『アナと雪の女王』が

オラフ

アナ

エルサ


2015_0117マイフォート0092
レット・イット・ゴー

ありのままで~~

歌が聞こえてくる 







2015_0117マイフォート0109


植物を何時もは

沢山撮るのだが

混んでいて

行けなかった



2015_0117マイフォート0110
ここはいつも

人がいないところ

この頃

ディズニーパークは

人が多い

ホテル宿泊も

ホテル内のレストランも

予約を入れるのが

大変になってきた







2015_0117マイフォート0075


オラフ

うふふ~

首から下げて

歩きました



2015_0117マイフォート0076
これが ここでは

普通です~(≧m≦)ぷっ!

チケットや

ルームキーを入れておきます

何回も出たり入ったりするので

便利です~

1__
お絵かきも挑戦~

オラフは

一番先に予約完了でした

スゴイ人気です~


ミッキーのサインを

貰いました


お絵描きは3回目です







次はレストラン編~明日更新します

今回はホテルのレストランで4回食事をしました~

こんなこと なかなか出来ません~

冥途のミヤゲだと思って 頑張りました~(^_-)-☆

もの凄く美味しかった~



トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by montan   2015年01月24日 10:26
何度眺めても感動の画像にうっとり・・・
お元気でお出かけを楽しんだ光景にどんなにか嬉しかっただろうと思いましたぁ今回はアナと雪の嬢王が流行りTVなどでもシンデレラ城に画像が浮いてる光景など何度か眺めてたのでさぞかし賑やかで豪華だっただろうねぇ

庭園のお花も相変わらず管理され綺麗なお花も楽しめ美味なものを食べて本当に幸せなきんたんだなぁと感じましたぁお元気で未だ々次回の訪問も続くことでしょ
長生きの源ですね お互いインフルエンザにかからず頑張ろうね
2. Posted by きんもくせい   2015年01月24日 20:21
モンたん~~こんばんは。
ご無沙汰してます~。コメントありがとうございました。
全部更新したらお知らせに上がるつもりでしたが・・・まだ途中なの。
ブログみていただいてありがとう~(*^_^*)
何だか用事が詰まって~携帯も新しいのに変更したり~
明日は兄の一周忌で朝から出掛けます。
孫に手を引かれて・・・ディズニー見物でしたよ~(笑)

3. Posted by よじい   2015年01月27日 09:11
5 『フローズンファンタジー・グリーティング』現実と夢のコラボ。
見る人々を素晴らしいキャラクター達と共に物語の中に引き込んでしまう。その様子が写真からうかがえます。感動の渦とはこうした時間の流れを言うのでしょうね。この二日間はショートは別に観に行かれたきんもくせいさんの「女性三代物語」にもなりましたね。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字