食べたいもの22日~23日雪だった

2018年01月23日

一泊二日の大腸内視鏡治療

今日お昼前に帰宅しました
我が家はやっぱり最高です ほっとしました

一昨日の夜9時に病院からいただいた薬を飲み寝ました
翌日6時までに自分の薬を飲み もしも・・・の時に恥をかかないように
お掃除をして 帰宅した時に食べるお粥を作って冷蔵庫へ
8時予約のタクシーで病院へ
4~5日前から すごく緊張してます 
説明と手続きすませ 病室へ案内される 4人部屋の窓側
長閑な風景で明るくて少し緊張がほぐれる・・・
えッ 先生と助手さん?4~5人でご挨拶 ご丁寧でビックリ

9時半近く ほっとしたのも束の間 2リットルのビンとコップ
これが面倒~2時間かけて飲む その間におトイレの往復

終わると点滴さしたまま時間待ち 混んでいるのか結構待たされた
いよいよ順番が来た 執刀医の外科部長T先生と看護師さんにご挨拶
点滴と血圧計と体にいろいろ貼ってから 大腸内視鏡治療
白髪交じりの信頼できるステキな先生でした
 
途中で両方のお腹の横に手を置くと 中に手強い金魚が動いている感じ
ぴちぴち跳ねてる時が何回かあったので多分・・・切除してるのかなぁ~と
思っていたが 聞いてないので判らないが。。。

手術は長かった 7㎜のポリープを1つ切除と聞いていたが
その他に 伸びているポリープが2つあり それも切除していただいた
ミニトマトの小さいポリープなら楽だけど
寝そべっているお行儀の悪いポリープは技術がいると思う
切除していただいて よかった!!
F医療センターだから見つけていただけたと思う
ただただ 感謝です ありがとうございました

手術室に入る前は粉雪が少し降ってきたが・・・
帰りは車椅子で~驚いたことに辺り一面銀世界だった
病室まで長いので 途中でコーヒーの香りが漂ってきたり・・

1時間安静でその後は点滴引きながら歩いてよいとの事だが
寝ていた まる1日食べていない

翌日の朝やっと点滴外してくれた 
主治医のM先生が来てくださってポリープのこと少しお話してくださった
詳しくは2月に結果をお伺いに行く
深刻なお顔をしていなかったので大丈夫だと信じたい

M先生とは3年間お世話になってます 
最初検便で引っかかり 紹介していただいた市の病院の外科の先生
経過観察などで3年かかったけど・・・これで終わりにしたいと思うが

寝る前に飲むお薬と冷たいお水が美味しかった 今日はじめてのお水
夜勤の看護師さんは気が付くかただった 3人にかかわったが
それぞれ異なる 長期入院なら優しい気の付く看護師さんがよいなぁ~
朝ご飯は5分粥と書いてあったがパン2枚だったが ご馳走です
先生の回診は主治医のM先生と他の先生方でした

気になったのは・・・3回も3人の看護師さんから お付き添いの方は・・・
私は元気で付き添い何て要りません~と言いたかったが止めた
付き添いのいない人はどうするのか聞きたかったが止めた
一人暮らしが多い昨今 1泊2日の入院で本人が元気なのに
付き添いがいるのかしら?と 疑問に思った 
その度に遠くにいる娘や息子を平日に呼ぶのかしら・・・

退院の時 看護師さんから説明を受けてから 
病院の前のタクシーに乗り帰宅

家の門の前をどなたかが雪かきしてくれた気配があった
どなた様か分からないけど ありがとうございました

帰る家があって幸せ~トンボ様にお礼を
きんもくせいの1泊2日の入院は無事に終わりました
欲を言えば 1泊2日の温泉旅行なら嬉しいのにぃぃ、、、



akekoma at 17:54│Comments(0)日常 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
食べたいもの22日~23日雪だった